性病は主に性行為やそれに近い行為の他に、単なる接触等でも感染する場合もあり、潜伏期間などもあるため感染源がわかりにくかったり自分が感染していることにも気づかないこともあるので気をつけましょう!

見つけにくい病気もある性病は評判の専門医院で検査を

性病とは、もともとは性行為によって感染する病気のうち、特定のいくつかの病気を指します。しかし現在は、性行為によって感染しやすい病気全般を指すようになってきています。自覚症状があっても恥ずかしくてなかなか病院へ行けない人が多い中で、自覚症状がほとんどない性病も存在します。自覚症状がなければ性行為を自粛することもありませんから、どんどん感染が広まります。
仮に自覚症状がほとんどなくても、ちょっとした異変はあるはずです。女性ならおりものが多くなったり、男性なら下着に黄色い膿のようなものが付いたりするのはなんらかのサインです。早めに受診することをおすすめします。感染症は、いうまでもなく感染が広まる前に治療することが大切です。恥ずかしい、行きたくない、そんな気持ちで病院へ行くことを躊躇っていると、大切な人にも感染させてしまうかもしれません。
性病の中で最も多いのはクラミジアです。名前くらいは聞いたことがある人も多いでしょう。女性の感染が多いですが、自覚症状がほとんどないため、発見が遅れがちです。定期的に性交渉をしている女性は、年に1度検査をすることをおすすめします。検査によってクラミジアに感染していることが分かったら、パートナーも検査を受けたほうが良いでしょう。
性病の治療自体は簡単なことが多いので、病院の評判や口コミなどを気にするよりも、早く治療を開始することが大切です。ただ、総合病院よりは、性病治療専門の病院のほうが、感染症に関しては概ね評判が良いです。多くの症例を扱っているため、別の感染症も含めたあらゆる可能性を視野に入れた治療が受けられるからです。問診の結果、エイズ検査を勧められることもあります。