性病は主に性行為やそれに近い行為の他に、単なる接触等でも感染する場合もあり、潜伏期間などもあるため感染源がわかりにくかったり自分が感染していることにも気づかないこともあるので気をつけましょう!

性病と子供と高齢について

性病の一つにカンジダというものがありますが、これは子供でもなります。

子供は当然、性交渉などをしたことがないものであり、当然ですが、それでもカンジダという性病にはかかってしまうものです。

これは、学生さんなどや、20代などの女性や30代の女性であっても、性交渉などを一切行ったことがない人でも、カンジダにはかかってしまうことがあり、その原因として、カンジダは体が疲れた時などに出やすい、かかりやすい、このような性病であるからです。

また、女性であれば、生理前にカンジダになる人も多く、このような場合には、生理が始まる前兆として、分かるケースがあるほど、1週間ほど前から、膣の辺りがかゆくなってしまうことがあります。

このように、子供さんが、仮に性病であるカンジダにかかってしまったとしても、決して気にする必要はなく、また、うちの子が大丈夫だろうか、と心配などをする必要もありません。

また、中には、風邪薬で、つまり抗生物質などでこのようなカンジダになってしまう人もいます。

これはなぜか?というと、カンジダの菌が、抗生物質などの薬などで、普段はカンジダを殺してくれる菌までも、風邪薬などの抗生物質の薬が殺してしまうことがあり、そのため、カンジダの症状が出てしまう、このようなケースがあるのです。

また、ご高齢になると、カンジダにはなりにくくなる、このように言われており、若い頃には、また学生の頃にはカンジダで苦労した人でも、高齢になってからは、あまり苦労しなくなって良かった、このような人もおられます。

上記のように、風邪などをひいてしまった時、またその風邪を治すために飲んだ風邪薬などの影響でカンジダになることがあるので、心配する必要はありません。