性病どうでしょう

性病は主に性行為やそれに近い行為の他に、単なる接触等でも感染する場合もあり、潜伏期間などもあるため感染源がわかりにくかったり自分が感染していることにも気づかないこともあるので気をつけましょう!

性病に何故なるのか?

性行為をすると性病になってしまう可能性があるということはよく知られていますが、それが何故かということになると難しい問題に感じるかもしれません。
しかし、意外に単純なことでもあり、性病が感染症であるために起こることとなっています。
感染症にも様々なものがありますが、その中でも接触感染を起こしやすく、性器やその周辺の皮膚、体液や血液、粘膜などを介して感染を起こすことから性行為にともなって性病になってしまうことになるのです。
相手が性病に感染していないかぎりは感染することは基本的にはないものであると考えることができるでしょう。
しかし、性器と性器との接触で感染するとは限らないのも特徴であり、肛門やその周辺にまで患部が広がる場合もあれば、喉の粘膜で感染することもあり、一度手を介して感染が広がるということもあります。
また、身体に傷がある場合や性行為中に傷を作ってしまった場合にはその傷口が感染源となる場合もあることが知られています。
性行為を行っている間はその二人が身体や口、性器を密着させあう時間が長いことからこういった接触感染を中心とした感染が起こりやすくなります。
こういった現象が性行為を通して性病になってしまいやすい原因となっています。

一方、性病には潜伏期間が長いものもあり、性病にかかっているのに自覚がないという人も多いのも蔓延しやすい原因となっています。
自分が性病であるとわかれば性行為をして広げないようにするという考え方もできるものの、自覚がないために性行為を繰り返して広げていってしまうということはよく起こることとなっています。
自覚症状がもともとほとんどないものもあるのも同様にして大きな影響を与えている点です。

そんな性病の治療にはアジスロマイシンが配合されたジスロマックという治療薬で治療しましょう。
アジスロマイシンは細菌やによる感染症に効果があり、性病であるクラミジアや淋病、また性病以外にもマイコプラズマ肺炎などにも有効です。
アジスロマイシンは副作用が少ないため安心して使うことができます。
また、性器ヘルペスにはアジスロマイシンでは治療することができないので、ヘルペスに効く治療薬であるバルトレックスの効果で治しましょう。

性病の中でも最も有名と言っても過言ではない「HIV」は皆さんご存知かと思います。
しかし恐れられている性病のわりにHIV検査をしない人が多いのは何故でしょうか。
海外に多いものだから自分には関係ないと思っているのでしょうか。
しかし、HIVは感染してもおよそ10年症状が出ないこともあり、感染にすら自分で気づくことができません。
また、検査は病院へ行かなくてもできるということを知らない人がほとんどなのです。
自宅でできるHIVの検査キットはわずか15分ほどで結果が分かるため、非常に簡単にできますし、陽性だったとしてもすみやかに病院へ行って再検査をすれば大丈夫です。
HIVは放置しておくことが最も危険ですので陽性だとしても治療を続ければ命に関わるということもないのです。